韓國語 | ホーム | イメ-ル | サイトマップ

韓国の千年古刹と同時に名刹でもある奉元寺は長年の歷史と 伝統を持つ韓国仏敎と伝統宗団である太古宗の総本山として,韓国仏敎唯一の人間文化財50號 金九海師が駐錫していらっしゃって,仏敎の生活化のため伝法度生にその使命をつくしています。

信行団体では観音会仏敎青年会学生会の法会が定期的に行なわれているし、施設機関では霊山斉保存会と梵唄敎育機関である玉泉梵音大学が設立されて運営されています。

都心に位置した奉元寺は生活の中での仏心増長になるように多樣な信行活動を通じて,仏法弘布に最善をつくすつもりです。

霊山斉は皆さんも存じるように釋迦仏が霊山会上で法華經を説法する時の姿そのままを再演することで,仏敎儀式の中で一番立派で 莊厳な儀式だし,非常に重要な儀式でもあります。

Yeongsanjae
Preservation
Association Ven.
LEE CHUL HO


この霊山斉は遠く高麗時代の時から今日に至るまで絶えず伝授されて來た仏敎儀式として、我が民族の伝統的な芸術の花と言えます。

今は大韓民国の重要無形文化財第50號と指定され、こちら奉元寺 で 每年定期的に示現されて來ています。

奉元寺は韓国伝統仏敎儀式の継承と発展を通じて、伝統仏敎の総本山の位相にかかることがないように最善をつくすつもりです。

インタ-ネットホ-ムペ-ジを通じる仏子皆さんの多くの參加と 同參を祈って,慈悲光明が常に仏子樣たちと一緖になさるのを 発願します。